トシ ヨシハラ。 じじぃの「中国軍事専門家による・尖閣上陸強行シナリオ(2020年)!プライムニュース」

中国海洋戦略研究の権威 トシ・ヨシハラ インタビュー 米中関係の歴史的な激変

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

✆ 貿易面での関税の強化、台湾への対応。 米側では軍事作戦の観点からの議論として、南シナ海の中国の軍事施設はいざとなれば米軍の巡航ミサイルで除去できるので、あまり心配する必要はないという主張もあります。 専門はアジア太平洋の安全保障、中国の海洋戦略。

9

米海大ナウ!

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

📱 ヨシハラ博士は、「日本と中国の力のギャップは対処せず放置すると、5年、10年先にはさらに大きく開く可能性があり、日米同盟の政策担当者に対して早期警戒と迅速な対応により、海軍のバランスの回復を促す」と結論付けている。

4

中国海洋戦略研究の権威 トシ・ヨシハラ インタビュー 米中関係の歴史的な激変

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

🐲 ほんとうに自衛隊は人民解放軍に勝てるのか? 2020年5月、衝撃的な論文がワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター」から公表された。 アメリカワシントンDCに戦略予算評価センター(CSBA : Center for Strategic and Budget Assessments)という国防問題を中心に扱う調査研究機関がある。 そして、シーパワーが徐々に形になってきた近年、海洋国家としてさらなる進歩に向け、中国の軍事分野における専門家たちは、陸海軍の統合運用の重要性を説いた「コーベットの理論」に戦略の方向性を移行しつつあると説明している。

中国海軍の脅威、トシ・ヨシハラ博士の「中国の日本の海軍力観」 投稿日時: 2020/06/15 15:40[フィスコ]

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

😜 しかし私はその主張は生産的ではないと思う。 【トシ・ヨシハラ教授に関する注目すべき論文】 Martin N. トシ・ヨシハラ教授は、『太平洋の赤い星』では中国の軍事、とりわけ海軍に焦点を当てていましたが、シーパワーをより広範な視点で捉える必要を訴えながら、非軍事アクターに対する研究を進めています。 2019年4月に中国で行われた海軍創設70周年を記念した国際観艦式で初公開されたアジア最大級の駆逐艦、中国版イージス艦055型駆逐艦「南昌」をはじめ、空母「遼寧」「山東」の登場、原子力潜水艦増勢などその増強ぶりは顕在化してきている。

14

中国海軍、海自能力より大幅優位 米機関報告書「尖閣圧倒のシナリオ」

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

😔 米海軍大学トシ・ヨシハラ博士来校 トシ・ヨシハラ博士 2011年9月27日、米海軍大学教授のトシ・ヨシハラ博士が海上自衛隊幹部学校に来校されました。 尖閣奪取の「具体的シナリオ」 コロナ禍の最中、東シナ海の尖閣諸島周辺海域で異常事態が発生している。 同諸島は台湾の有事に連結しています。

じじぃの「中国軍事専門家による・尖閣上陸強行シナリオ(2020年)!プライムニュース」

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

👆 報告書は、中国の海軍力増強と対日軍事戦略強化の背後には、の奪取やの覇権確立、米国と一体の日本の安保政策の改変、さらに米軍の東アジアからの駆逐など中長期の戦略目標が存在すると指摘。 いざ台湾をめぐる米中の衝突が起きた場合、米側はスプラットレー諸島の中国軍基地にもミサイル攻撃をかけねばならない。 米海軍大学の研究によると、その数は2030年までに530隻以上になると予想している。

14

【紅い南シナ海(番外編)】中国海洋戦略専門家のトシ・ヨシハラ氏「軍事拠点化は国際秩序への挑戦」「前線国家との連携強化を」 (2/2ページ)

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

☢ () ヨシハラ博士(左)と 幹部学校長吉田海将(右) このたびの来校は、防衛研究所の主催で開催された研究会(テーマ: 中国における対艦ミサイルをめぐる論争 -歴史的教訓、地域的動向を踏まえたミサイル戦術の発展-)に出席され、その後、当校にお越し頂く機会を得たものです。 )」を発表している。 日本のはこれまでアジアでの主要な海洋パワーとしての戦闘力や抑止力を保持してきたが、今では中国に確実に後れをとり、その能力逆転はインド太平洋における戦後の重要なパワーシフトだという。

9

自衛隊は中国人民解放軍に敗北する!? / 渡部 悦和【著】

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

😔 さらに、歴代の米政権は米中関係の円滑化を図るため南シナ海問題を他の懸案から「区分化」させる傾向にあったことが現在の事態を招いたとの考えを示し、「台湾やチベット、人権、貿易など、中国が挑まれるのを避けたがる問題を南シナ海問題とリンクさせて中国に圧力をかけるべきだ」と強調した。 スプラットレー諸島の中国軍の存在は軍事作戦上、米側に巨大なコストとなるからです。 CSBAは、米国の安全保障に関して脅威となる問題や戦略や資源配分等について、情報を提供する研究を行っている。

7