今年 の 梅雨入り 2020。 今年の梅雨入りは平年より遅い傾向 6月下旬以降は大雨のおそれ(2020年3月31日)|BIGLOBEニュース

西・東日本の梅雨入りは平年より遅い予想、今年の梅雨は短め

梅雨入り 2020 の 今年 梅雨入り 2020 の 今年

☘ さて、2021年の関東・甲信地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はどうなっているのでしょう? 今回は気象庁が公開している過去69年分のデータを紐解きながら、 今年、2021年の関東・甲信地方の梅雨入り、梅雨明け時期の 予想を紹介していきたいと思います。 梅雨明けは、太平洋高気圧の張り出しが遅れる傾向のため、四国では7月20日~7月24日頃、中国では7月22日~7月26日頃の見通しです。 東部 横浜市、川崎市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、大磯町、二宮町、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町 西部 相模原市、秦野市、厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町. 九州 6月下旬〜 7月中旬 平年並か多い 北部の梅雨入りは平年より遅く、南部では平年よりかなり遅くなる予想です。

7

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨入り 2020 の 今年 梅雨入り 2020 の 今年

❤ 7月の梅雨末期頃は梅雨前線の活動が活発化する時期があり、大雨や土砂災害等に注意が必要です。 7月は、梅雨前線が本州付近に北上し、中旬にかけて曇りや雨の日が多くなります。 他にも、日傘と雨用両方で使える 折りたたみ傘も持っておくと便利です。

2

2020年の梅雨入り、梅雨明けはいつ?関東、関西、沖縄など地域ごとに傾向を解説

梅雨入り 2020 の 今年 梅雨入り 2020 の 今年

🙏 1951年から2019年までの 梅雨入りの平年時期は5月31日頃となっています。

18

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

梅雨入り 2020 の 今年 梅雨入り 2020 の 今年

☝ 太平洋高気圧の勢力が増すと、梅雨前線も北上していき、平年では沖縄や奄美で6月下旬ごろに、本州では7月中旬~下旬ごろに梅雨明けを迎えて、梅雨前線は消滅して本格的な夏へと季節は移っていきます。 5月下旬~6月にかけては梅雨前線の活動が活発で大雨になる日もあるでしょう。 さらに、 一昨年 2018年 は6月29日、 昨年 2019年 は7月24日が梅雨明けということなので、 これらのデータから予想すると 2021年の関東の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月24日頃の間位になりそうですね。

5

梅雨入り、気象庁が発表。関東甲信、東海、北陸、東北南部

梅雨入り 2020 の 今年 梅雨入り 2020 の 今年

😎 ・「-」は、梅雨入り梅雨明けの時期がはっきりしなかったため、特定できなかった場合を表します。 東~西日本では平年より遅い所が多く、北日本では平年並か平年より遅くなる見通しです。 ようするに、今年までは1981年から2010年の30年間 の平均値で、梅雨時期が予想されています。

15

関東甲信の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

梅雨入り 2020 の 今年 梅雨入り 2020 の 今年

👊 これらのデータから予想すると 2021年の九州南部の梅雨入り時期は 5月23日頃から6月7日頃の間くらいになりそうですね。 今年は7月になると太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線は順調に北上。 2021年 令和3年 九州南部の梅雨入り・梅雨明け時期を予想! それでは、まずは奄美地方を除く 2021年の 九州南部 宮崎県、鹿児島県の本土、種子島、屋久島 の 梅雨入り、梅雨明け時期の予想を、気象庁の過去69年間のデータから予測してみます。

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨入り 2020 の 今年 梅雨入り 2020 の 今年

💓 今のうちに、河川の増水や家屋への浸水、土砂災害などに対する備えをしっかり行ってください。

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨入り 2020 の 今年 梅雨入り 2020 の 今年

🐲 Ads by Google 神奈川県の梅雨入り・梅雨明け発表区域 管轄気象台 神奈川県は東京管区気象台の管轄であり、地方予報気象台として横浜地方気象台が担っています。 梅雨明けも北部、南部ともに平年並になる見込みです。

5